ジョゾログ

世界一わかりやすい心理学

ー未来の心理職の為の知識・情報室ー

psychology

一次的欲求と二次的欲求(primary needs and secondary needs)

ポイント 1次的欲求 2次的欲求 確認問題 解答 ポイント 1次的欲求 飢えや渇き、睡眠、排池など、人の生存に不可欠な生理的欲求のこと。 2次的欲求 社会的欲求(社会的動機)とも呼ばれる。社会的学習経験によって獲得された欲求。二次的欲求は、投影法検査で…

社会的ジレンマ(social dilemma)

ポイント 社会的ジレンマ(social dilemma) 囚人のジレンマ(Prisoner's Dilemma) 確認問題 解答 ポイント 社会的ジレンマ(social dilemma) 社会において、個人の合理的な選択が社会としての最適な選択に一致せず乖離が生じる葛藤。 【例】ゴミ出しを決…

パターン認知(Pattern recognition)

ポイント パターン認知 パターン認知の仕方 文脈効果 確認問題 解答 ポイント パターン認知 視野の中の刺激をまとまりとしてとらえ、それをまとまったパターンとして理解すること。 パターン認知の仕方 認知過程において、刺激の物理的な特性を分析すること…

P-Fスタディ(Picture Frustration Study)/ フラストレーション(frustration)

ポイント 型(パターン)と方向(3×3の9タイプ) フラストレーション耐性(frustration tolerance) フラストレーション反応 確認問題 解答 ポイント 人の欲求不満への対処の仕方に注目し、パーソナリティ研究を行ったのが、P-Fスタディの開発者のローゼンツ…

説得(persuasion)

ポイント 送り手の要因 スリーパー効果(sleeper effect) メッセージの要因 ブーメラン効果 精織化見込みモデル(Elaboration Likelihood Model:ELM) フットインザドア技法・段階的要請法(foot-in-the-door) ドアインザフェイス(譲歩誘導法) ローボー…

バンデューラ(Bandura) / 自己効力感(self-efficacy)

ポイント 確認問題 解答 ポイント バンデューラ(Bandura)が提唱した社会的学習理論において、行動変容においては、個人がある状況において心要な行動を効果的に遂行できる可能性の認知、つまり自己効力感(self-efficacy)が重要であることを示した。 自己効力…

記憶方略(memory strategy)

ポイント 2次リハーサル効果 処理水準効果 イメージ効果 奇異イメージ効果 気分一致効果(ポジティブな気分のみを想定) positive-Negative Asymmetry効果 生成効果 自己選択効果 場所依存効果 協同想起効果 物語記憶術の効果 分散効果 確認問題 解答 ポイ…

バンデューラ(Bandura, A)/ 社会的学習理論(Social Learning Theory)/ 観察学習(observation learning)

ポイント 観察学習(モデリング) 模倣学習 確認問題 解答 ポイント 社会的学習理論は、認知的要因が行動の生起に影響を与えるという考えをもつ。 社会的学習理論(モデリング理論)とは、人は自身の体験だけでなく、他者の行動を観察・模倣すること(=モデ…

遊びについての考え方

ポイント メラニークライン 子どもは幻想や願望などを遊びを通して表現することができるので、大人の精神分析における夢や自由連想の解釈と同じように、子どもの遊びの解釈することができ=遊びは自由連想のかわり アンナフロイト 遊びを子供と治療者の間のラ…

スターン(Stern, D.N.)の自己感の発達

ポイント 新生自己感(0~2ヶ月) 中核自己感(2~6ヶ月) 主観的自己感(7~12ヶ月) 情動調律(attunement) 言語的自己感(1歳〜) 確認問題 解答 ポイント スターン(Stern, D.N.)は乳幼児の観察から、乳児は生まれた時からなんらかの自己感を持っている…

ウィニコット(Winnicott, D.)

ポイント ウィニコット(Winnicott, D.) 原初的没頭(primary maternal preoccupation) ほどよい母親(good-enough mother) ホールディング(holding) 錯覚(illusion)/ 脱錯覚(disillusion) 移行期(transitional period) 移行対象(transitional o…

カイニ乗検定(Chi-squared test)/ t検定(t‐test)/ 分散分析(ANOVA:analysis of variance)

ポイント カイニ乗検定(Chi-squared test) 度数や比率(%)で表された質的データの差をカイニ乗分布を用いて検定する統計手法。母集団の分布を仮定しないノンパラメトリック検定の1つ。 t検定(t‐test) 2つのグループの平均値の差を検定するためのt分布…

両側検定 / 片側検定

ポイント 両側検定 分布の両端に(帰無仮説の)棄却城を設定する検定法。A条件とB条件の得点の差が、どちらが高いかは分からないけれど差がある、ということを検証したいときに用いる。 片側検定 分布のどちらか一方だけ(帰無仮説の)棄却域を設定する検定…

第1種の過誤(type I error)/ 第2種の過誤(type II error)

ポイント 第1種の過誤(type I error)/ 第2種の過誤(type II error) グラフで考える 確認問題 解答 ポイント 第1種の過誤(type I error)/ 第2種の過誤(type II error) 第1種の過誤(type I error) 本当は帰無仮説(〜には差がない)が正しいにも関わ…

推測統計(inferential statistics)

ポイント 確認問題 解答 ポイント 推測統計(inferential statistics) 観察したデータから母集団の特徴や傾向についての推測を行うための統計手法。*収集したデータは標本(sample)と呼び、特定の母集団(population)から抽出されたものである。*理想的に…

相関関係(correlational relationship)/ 因果関係(causal relationship)

ポイント 相関関係(correlational relationship) 因果関係(causal relationship) 因果関係に必要な条件 確認問題 解答 ポイント 相関関係(correlational relationship) 2つの変数間の関連の強さを見るための指標。通常ピアソンの積率相関係数のことを…

標準化(standardization)

ポイント 標準化(standardization) z得点(標準得点)z score Z得点(偏差値)Z score 標準誤差 確認問題 解答 ポイント 標準化(standardization) 観測値の平均値と標準偏差をある値にそろえること z得点(標準得点)z score 平均値を0、標準偏差を1とな…

正規分布(normal distribution)

ポイント 正規分布(normal distribution) 中心極限定理(central limit theorem) 確認問題 解答 ポイント 正規分布(normal distribution) 左右対称の釣鐘型をした分布、自然界にある多くのものは正規分布に従う。 中心極限定理(central limit theorem…

代表値(average)

ポイント 平均値mean 中央値median 最頻値(mode) 確認問題 解答 ポイント 代表値(average) 代表値分布の中心を示す値(中心傾向)。平均値、中央値、最頻値の3つがある。 平均値mean 全データの値を合計して、データの個数で割った値 中央値median 全デ…

横断研究(cross-sectional study)/ 縦断研究(longitudinal study)/ コホート研究(cohort study)

ポイント 横断的研究(cross-sectional study) 縦断的研究(longitudinal study) コホート研究(cohort study) 確認問題 解答 ポイント 横断的研究(cross-sectional study) 年齢の異なる複数の集団を同時に測定して、その結果を比較する方法。 《長所》…

実験法(experiment method)

ポイント 実験法(experiment method) 長所 短所 独立変数(independent variable) 従属変数(dependent variable) 実験計画(experimental design) 無作為割り当て(random assignment) カウンターバランス(counterbalance) 二重盲検(double blind …

面接法(interview method)/ 質問紙法(questionnaire method)

ポイント 構造化面接(structured interview) 半構造化面接(semi-structured interview) 非構造化面接(unstructured interview) 確認問題 解答 ポイント 面接法(interview method) 一定の環境において研究者が研究対象者と対面し、相互コミュニケーシ…

無作為抽出(random sampling)

ポイント 無作為抽出の種類 確認問題 解答 ポイント 標本抽出全数調査が不可能な場合、標本抽出による標本調査を行う。標本抽出は大きく分けて、有意抽出と無作為抽出の2つある。 有意抽出 母集団の代表と思われる標本を主観的に選択抽出する方法。これによ…

母集団(population)と標本(sample)

ポイント 確認問題 解答 ポイント 母集団とは対象全体であり、標本とは抽出された一部の対象である。通常、分析の対象となるデータは標本である。 確認問題 [1] 以下の文章を読売み、括弧内の1〜3に入る適切な単語を、以下のa〜fから選択しなさい。 調査研究…

効果量(effect size)

ポイント 効果量(effect size) 効果量とは、標本数の大きさに依存しない指標であり、またその関連や効果の大きさの程度を表すことができる効果量の指標としては大きくわけると、差の大きさを表す指標(d)と、関連の大きさを表す指標r)の2つがある。なお…

ハロー効果(halo effect)

ポイント 確認問題 解答 ポイント ある対象を評価する時に、それが持つ顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる(認知バイアス)現象のこと。光背効果、ハローエラーともいう。 確認問題 [1] 他者がある側面で望ましい(もしくは望まし…

モーズレイ性格検査(MPI:Maudsley Personality Inventory)

ポイント 確認問題 解答 ポイント 1959にH.J.アインゼクが特性論的立場から開発したパーソナリティ測定の質問紙検査です。 神経症的傾向と外向―内向性の2因子を軸とした質問紙法によるパーソナリティ検査を開発したものです。大元はアインゼク自身が作成した…

散布度(dispersion)

ポイント 分散(variance) 標準偏差(standard deviation) 範囲・レンジ(range) 確認問題 解答 ポイント 分散度ともいい,データの散らばりの程度を示す統計量。 分散(variance) 分布の広がりを表す指標。平均値から個々の得点の差の二乗を集計し、そ…

先行オーガナイザー(advance organizer)

ポイント 確認問題 解答 ポイント 先行オーガナイザーは、ある説明を行う際に事前に説明対象の情報を提供したり、既知の知識を引き合いに出し、対比や重ね合わせを行うことで理解を促進させるためのもの。 デイヴィッド・オースベル(David Ausubel)は、ア…

満足の遅延( delay of gratification)

ポイント 満足の遅延( delay of gratification)は、目の前の報酬に対する欲求を我慢する能力である。 有名なテストに、マシュマロテストがある。これは、子供の前に1つのマシュマロを置き、戻って来るまでにこれを食べるのを我慢できたら、戻ってきたとき…