ジョゾログ

世界一わかりやすい心理学

ー未来の心理職の為の知識・情報室ー

心理学的支援法の概念

f:id:a-m-zyozo:20201031154919p:plain

人々を変える様々な社会資源として、経調的資源(生活保護障害年金機関(病院や精神保健センターなど)、社会設(共同住層や共同作業所など)、社会福祉機関(介護サービスなど)、人的資源(民生委員や地域の助け合いの仕組みなど)といった多様な資源が地域にはある。

 

非常に辛い体験をした際に、感情が感じられなくなるような防衛機制もある。

 

×認知行動療法では、クライエントを自己洞際による問題解決に導くため、セラピストはクライエントとの間に言語交流を軸とする人間関係を形成する。

 

×防衛機制は、幼少期の未熟で弱い自我が、不満や不安を処理するために用いるものであり、成人した大人で見られることはない。

 

×行動療法の技法と認知原法の技法を綴り交ぜて実施していくのが認知行動療法であり、学習された不適切な行動を行動療法の技法で除去し、その上で、不適切な認知の変容を目指すことになる。

 

 

×ケアネットワークとは、個人のニーズに合わせたケアを地域・社会が提供できる社会のことをいう。

 

S-R理論は、行動療法がその理論的基盤とする学習理論の一つである。

 

×認知行動療法は、個人内の心理的力動ではなく、個人の生きる意味にかかわるより高次の精神活動を対象としている。

 

×動作法では、自分とは何者であるかという自己の確信としての「自己軸」を重視する。

 

×自律訓練法によって得られる心理・生理的状態を自律性状態といい、心拍数の減少や血流の増加とともに、心理的には能動的で積極的な状態となる。

 

芸術療法では、自分の欲求や感情などを芸術という非言語的な手段を用いて表現することで、無意識の欲求や衝動が解放され、癒されることを目指している。