ジョゾログ

世界一わかりやすい心理学

ー未来の心理職の為の知識・情報室ー

カウフマン夫妻(Kaufman, A. S.&Kaufman, N. L.)/ K-ABC

f:id:a-m-zyozo:20201031154919p:plain

 

ポイント

カウフマン夫妻(Kaufman, A. S.&Kaufman, N. L.)によって開発された児童用知能検査

対象年齢は2歳6ケ月から18歳11ヶ月。

特徴は知的活動を認知処理過程と知識・技能の習得度から評価する点と、認知過程を継次処理(情報を一つずつ処理する能力)と同時処理(情報の全体像を把握する能力)から評価する点である。

これによって、子どもの得意な学習スタイルをみつけることができ、それぞれの子供の能力と適性、ニーズに合った学校教育と学習指導に活かすことができる。

 

確認問題

 

[1]

K-ABCの説明として、適切でないものを一つ選びなさい。

1. 学習障害を持つ子どもの支援、指導計画を立てるために有効な検査である。

2. 対象年齢は2歳6ヶ月から18歳11ヶ月までである。

3. 認知処理過程尺度と習得度尺度から構成されている。

4. 認知処理過程尺度は、言語性尺度と動作性尺度に分けらる。

5. カウフマン夫妻(Kaufman, A.S.&Kaufman, N.L.)によって1983年に開発された。

帝京平成大学院 臨床心理研究科 臨床心理学専攻)

 

[2] 

以下の心理検査の内容に関連するものをA群から、その検査に関わりの深い人物をB群からそれそれ選びなさい。

1: TAT

2: SDS

3: K-ABC

4: NEO-PI-R

[A群]

Big Five 継次処理一同時処理モデル

Discrepancy分析 交流分析

自己評価式抑うつ尺度 他者評価式抑うつ尺度

欲求一圧力分析

[B群]

Zung, W. W. K. Costa, P.T.

Murray, H. A. Hathaway, S. R.

Kaufman, A. S. Eysenck,H.A

日本女子大学院 人間社会研究科 心理学専攻 臨床心理学領域)

 

 

解答

[1]

4

 

[2]

1、欲求ー圧力分析 Murray, H. A.

2、自己評価式抑うつ尺度 Zung, W. W. K.

3、継時処理ー同時処理モデル Kaufman, A. S.

4、Big Five Costa, P.T.