ジョゾログ

世界一わかりやすい心理学

ー未来の心理職の為の知識・情報室ー

解離性症/障害(DD:Dissociative Disorders)

f:id:a-m-zyozo:20201031154919p:plain

 

ポイント

 

解離性障害は、強いストレス(心的外傷)が原因とされている。これは、強いストレス(心的外傷)から意識を遠ざけたり、変化させたりする解離の防衛機制が働いているとされている。かつては転換症/障害と合わせてヒステリーと呼ばれていた。解離症には、解離性同一性障害/症、離人感・現実感消失症/障害、解離性健忘がある。

 

□解離症の種類


解離性同一性障害(Dissociative identity disorder, DID)多重人格障害とも言われるものであるが、一人の人間の中に2つ以上の人格が存在する状態のことである。DSMによる多重人格の理論は、幼少期の被虐待経験に対する防衛と考えるため、主人格は他人格が現れている間の記憶は途切れ、また主人格は他人格の存在を自ら認知する事はない。

 

 

離人感・現実感消失障害/症(Depersonalization/Derealization  disorder)(DSM-IV離人症性障害)では、身体または精神から自分が切り離されたような感覚が持続的または反復的にあり、自分の生活を外から観察しているように感じること(離人感)や、自分が外界から切り離されているように感じること(現実感消失)がある。

 

 

・解離性健忘

心的外傷により、それ以前の記憶を喪失してしまう障害である。解離性障害の中で最も頻出である。自殺未遂で助かった場合など、記憶を一度失うが、多くの場合は記憶が戻るとされている。

 

 

確認問題

[1]

次の用語を簡単に説明しなさい。

・Dissociative Disorders

人間環境大学大学院 人間環境学研究科 人間環境専攻)

 

[2]

次のような精神症状や障害を何というか。

・同一人物に別の異なる人格が現れる。

京都学園大学大学院 人間文化研究科 人間文化専攻)

 

[3]

次のような精神症状や障害を何というか。

・自己や外界の存在感や現実感がなくなる

京都学園大学大学院 人間文化研究科 人間文化専攻)

 

解答

[1]

解離性同一症、離人感/現実感消失症、解離性健忘の総称が解離症である。強いストレス(心的外傷)から意識を遠ざけたり、変化させたりする防衛機制が働いていているとされている。

 

[2]
解離性同一性障害

 

[3]

離人感・現実感消失症DSM-IV離人症性障害)