ジョゾログ

世界一わかりやすい心理学

ー未来の心理職の為の知識・情報室ー

パターン認知(Pattern recognition)

f:id:a-m-zyozo:20201031154919p:plain

 

ポイント

 

パターン認知

視野の中の刺激をまとまりとしてとらえ、それをまとまったパターンとして理解すること。

 

パターン認知の仕方

認知過程において、刺激の物理的な特性を分析することから始まり、低次のレベルから次第に高次のレベルへと進んでいく処理をデータ駆動型処理(ボトムアップ処理)という。これに対して、知識や期待などにもとづいて、刺激の知覚や認知が影響を受ける処理を概念駆動型処理(トップダウン処理)という。

 

文脈効果

刺激の知覚が前後の刺激の存在に影響を受けること。文脈効果はトップダウン処理によっておこる。

 

 

 

 

確認問題

[1]

top-down処理は(a )-drivenとも言われ、bottom-up処理は(b )-drivenとも言われる。

 (名古屋市立大学大学院 人間文化研究科 人間文化専攻)

 

解答

[1]

a:conceptually(概念駆動処理)

b:data driven(データ駆動処理)