世界一わかりやすい心理学

ー未来の心理職の為の知識・情報室ー

向精神薬とその副作用(Psychotropic drugs and their side effects)

f:id:a-m-zyozo:20201031154919p:plain

 

ポイント

 

 中枢神経系に作用することで、精神活動に影響を与える薬物の総称を向精神薬という。抑うつ薬として現在多く持ちいられているSSRISNRIは、抗コリン作用の副作用が少ないことで知られている。抗コリン作用とは、口渇、眩しさ、頻脈、排尿困難、便秘など主に自律神経系の副作用。

 

主な向精神薬

 

抗精神病薬

有効な症状:主に統合失調症の陽性症状に有効

名称:定型抗精神病薬, 非定型抗精神病薬エビリファイなど)

 

抑うつ

有効な症状:主にうつ病に有効

名称:SSRISNRIイフェクサー, 三環系抗うつ薬, 四環抗うつ薬など

 

抗不安薬

有効な症状:主に不安障害に有効

名称:ジアゼパム, ソラナックスなど

 

抗不安薬睡眠薬は、ほとんどがベンゾジアゼピン(BZD)受容

 

睡眠薬

有効な症状:不眠

名称:クアゼパムなど

 

 

 

気分安定薬

有効な症状:主に双極性障害に有効

名称:炭酸リチウム, カルバマゼピンなど

 

 

主な向精神薬の副作用

 

抗精神病薬

定型抗精神病薬

錐体外路症状ジスキネジア)、過鎮静(眠気、ふらつき、ぼーっとする)、自律神経症状(低血圧口渇、鼻閉)、消化器症状(便秘イレウス(腸閉塞))、肝障害、内分泌症状(月経異常、乳汁分泌、肥満、血糖値上昇(特に否定型血))まれに悪性症候群錐体外路症状、自律神経症状などの併発。薬物療法を一時中断する)

 

非定型抗精神病薬
セロトニンドパミン遮断薬

乳汁分泌、月経異常、射精不能

多元受容体標的抗精神病薬

体重増加、脂質異常、血糖上昇、過鎮静

ドパミン受容体部分作動薬(エビリファイなど)

不眠、不安、胃腸症状

 

抑うつ

三環系抗うつ薬

口渇、便秘、尿閉(抗コリン)、起立性低血圧、過鎮静、体重増加

四環抗うつ薬

三環系抗うつ薬よりもやや弱い副作用(口渇、めまい)、眠気はやや強い

SSRI

悪心・嘔吐性機能低下(射精遅延)、賦活症候群(神経過敏、不安、焦燥)、まれにセロトニン症候群(自律神経症状、精神・運動症状の併発。薬物療法を一時中断する)

 

SNRI

悪心、動悸・頭痛血圧上昇・不眠・排尿困難(尿閉、賦活症候群(神経過敏、不安、焦燥)

 

 

抗不安薬全般

眠気、ふらつき・脱力、依存性、中断・減量による離脱症状離脱症状としては、悪心、嘔吐、振戦、けいれん発作などがある。

 

睡眠薬

過鎮静、ふらつき、車の運転などの操作能力の低下。中断・減量による離脱症状離脱症状としては、悪心、嘔吐、振戦、けいれん発作などがある。

 

 

炭酸リチウム

振戦・脱力・倦怠感、消化器症状(嘔気、嘔吐、下痢)、急性リチウム中毒(意識障害、けいれんなど)

 

中枢神経刺激薬

 

他の向精神薬としては、中枢神経刺激薬(メチルフェニデート塩酸塩)が挙げられる。主にAD/HDの多動性・衝動性に対して処方される。ただし、不眠、食欲低下、不安増大、神経過敏、眼圧亢進、頭痛、口渇などの副作用がある。メチルフェニデートは依存形成をきたすことがあることから、アトモキセチンがAD/HDに処方されることも多い。こちらの副作用として、嘔気、食欲減退、傾眠などが生じうる。

 

認知症

また、抗認知症薬として処方されるアセチルコリンエステラーゼ阻害薬がある。認知症の改善効果ではなく、症状の進行を抑制する目的で使用される。めまい、眠気、集中力の欠如などの副作用があるだけではなく、高齢者は眠気に伴う転倒のリスク等もあるため、少ない投与量から開始し、慎重に増やしていくなどの配慮・工夫が必要。

 

 

錐体外路症状

アカシジア

四肢に生ずるむずむずする異常知覚により、四肢を落ち着きなく動かしてしまい、長時間座っていることが困難になる。静座不能症とも呼ばれる。

 

ジストニア

不随意で持続的な筋収縮・緊張に関する運動障害。顔や首のこわばり・反り返り、舌が出たままになる、眼球上転、手足が突っ張るなど。

 

ジスキネジア

反復性で無目的で自発的な運動。口をもごもごする、唇をすぼめる、歯を食いしばる、手足が勝手に動くなど。

 

パーキソニズム

振戦(手足のふるえ)、筋肉のこわばり、緩慢動作、歩行障害など

 

 

問題

[1]

向精神薬とその副作用の組み合わせで、正しいものを2つ選べ。

抗不安薬 ー 身体依存
②炭酸リチウム ー 甲状腺機能亢進症
③非定型抗精神病薬 ー 体重減少
メチルフェニデート ー 食欲亢進
⑤選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI) ー 賦活症候群

 

 

解答

[1]

○ ①抗不安薬は精神依存がメインだが、身体依存も形成される。
×  ②炭酸リチウムの使用により、甲状腺機能が低下することはあるが、甲状腺機能亢進症(パセドウ病)が発生することは知られていない。
×  ③抗精神病薬は食欲が亢進しやすく、体重増加が発生しやすい。
×  ④メチルフェニデートはかなり強い精神刺激薬で、覚醒剤にも似た副作用が生じるとされている。食欲は不振になりやすく、体重減少も発生しやすい。
○ ⑤SSRIによる抑うつ作用により、不安・焦燥感・衝動などが現れやすく、そのような中枢刺激性の症状を総称して賦活症候群と呼ぶ。