ジョゾログ

世界一わかりやすい心理学

ー未来の心理職の為の知識・情報室ー

心理的応急処置( PFA:Psychological First Aid)

f:id:a-m-zyozo:20201031154919p:plain

 

ポイント

 

心理的応急処置( PFA:Psychological First Aid)

 

 PFAとは、自然災害、飛行機事故、戦争や紛争などの多くの人びとに影響を与える大規模な出来事や、事故、盗難、火事などの個人に影響を与える出来事を体験し、深刻なストレス状況にさらされた人々への人道的、支持的かつ実際に役立つ援助である。PFAの理論的土台には、被災者の長期的回復を促すには「安全であること」「落ち着いていること」「自己と地域の効力感」「人との繋がり」「希望」の5要素が重要であるという研究の知見があり、これらの要素がPFAの支援には含まれている。また、心理的ディブリーフィングに弊害(無理に話を聞き出すことで更に苦痛を与える)があったことを踏まえ、“Do No Harm”(これ以上傷つけることのない支援。人や地域の回復を阻害しない支援)の原則が重視されている。

 

確認問題

 

[1]

サイコロジカル・ファーストエイドを活用できる場面として、最も適切なものを1つ選べ。
① インテーク面接
② 予定手術前の面接
③ 心理検査の実施場面
④ 事故現場での被害者の救援
⑤ スクールカウンセラーの定期面接

公認心理師試験 第1回 問1)

  

解答

 

[1]

PFAとは、自然災害、飛行機事故、戦争や紛争などの多くの人びとに影響を与える大規模な出来事や、事故、盗難、火事などの個人に影響を与える出来事を体験し、深刻なストレス状況にさらされた人々への人道的、支持的かつ実際に役立つ援助である。