ジョゾログ

世界一わかりやすい心理学

ー未来の心理職の為の知識・情報室ー

強迫性障害(Obsessive Compulsive Disorder)

f:id:a-m-zyozo:20201031154919p:plain

 

ポイント

 

強迫症の種類

 

強迫症強迫性障害

強迫性障害は、不合理だと思うにも関わらず、ある思考やイメージが繰り返し現れて、強い不安や苦痛を引き起こす。

 

ある思考やイメージなどが持続的に繰り返し浮かんできて、それによって苦痛を伴う「強迫観念」と強迫観念によって引き起こされた苦痛を軽城するために、何らかの行動を繰り返し行う「強迫行為」の2つが診断の根拠となる。

 

 

認知行動療法の暴露反応妨害法が有効とされている。

 

醜形恐怖

実際には問題にはならない外見の問題にとらわれてしまう。妄想的なため、統合失調症と考えれてしまうことがあるが、強迫症としての治療が必要である。

 

・ためこみ症

必要になりそうに思えるものをすてることができず、家にゴミが溢れてしまう。

 

 

 

cf.

DSM−Ⅳでは不安障害に一部であったが、DSM-5からは独立したカテゴリーとなっている。

 

確認問題

[1]

強迫観念の属性として適切でないものを一つ選びなさい。

1.反復 2.行動制縛 3.病識欠如 4.不安 5.不合理感

帝京平成大学大学院 臨床心理研究科 臨床心理学専攻)

 

[2]

 

次のような精神症状や障害を何というか。

・不合理だと思うにも関わらず、ある思考やイメージが繰り返し現れて、強い不安や苦痛を引き起こす。

京都学園大学大学院 人間文化研究科 人間文化専攻)

 

解答

[1]

3

 

[2]

強迫性障害強迫症