ジョゾログ

世界一わかりやすい心理学

ー未来の心理職の為の知識・情報室ー

うつ病(major depressive disorder)/ 双極性障害(bipolar disorder)

f:id:a-m-zyozo:20201031154919p:plain

 

 

ポイント

 

 

 

うつ病(major depressive disorder)

 

□症状

抑うつ気分

・興味・喜びの著しい減退

・食欲減退や体重減少(食欲増加や過食)

・不眠(過眠)

・精神運動焦燥または精神運動制止

・気力減退や疲労

・自己の無価値観や罪責感

・思考力、集中力の減退、決断困難

・自殺思慮、死についての反復思考

 

うつ病の種類

 

メランコリー親和型うつ病

中高年層に多いうつ病。私たちがうつ病と認識している従来のうつ病である。関連する気質は下田が提唱した執着気質やテレンバッハが提唱したメランコリー親和型性格(帳面で、何事においても完全主義、責任感も強く、対人関係も細やかな配慮が行き届いている)がある。症候学的特徴に焦燥と抑制、疲弊と罪悪感、完遂しかねない熟考した自殺企図が常にある。

 

・ディスチミア親和型うつ病(現代うつ)

青年期(20代〜30代の比較的若い世代)に近年多くみられるうつ病。関連する気質はwaltersが提唱した学生無気力症(student apathy)や退却傾向と無気力がある。

症候学的特徴に不全感と倦怠(疲れやすさ)、回避と他罰的感(自分に対する罪責感があまりなく、世間や他人を責める傾向)、衝動的な自傷、一方で軽やかな自殺企図がある。

 

・仮面うつ

うつ病によく現れる精神症状(気分が落ち込む、イライラする等)よりも、身体症状(眠れない、微熱が続く等)を強く訴えるうつ病

 

 

 

cf.

DSM-5以前では双極性障害とともに、気分障害(mood disorder)と総称されていた。

 

セロトニン(serotonin)は、神経伝達物質の1つで、精神の安定をもたらす機能があると考えられている。うつ病の発症メカニズムとして、セロトニンは、ドーパミンノルアドレナリンとともにまとめてモノアミンと総称されており、これらモノアミンの現象がうつの発生と関連するという仮説をモノアミン仮説と呼ぶ。

  

 

うつ病への心理学的介入(心理療法

 

アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT: Acceptance and commitment therapy)

a-m-zyozo.hatenablog.com

 

 

対人関係療法(interpersonal therapy)

 

a-m-zyozo.hatenablog.com

 

論理情動行動療法(rational emotin behavior therapy)

 

a-m-zyozo.hatenablog.com

 

 

回想法(reminiscence / life review)

 

a-m-zyozo.hatenablog.com

 

 

双極性障害(bipolar disorder)

気分の変動が正常な範囲を超えて、その状態が継続的に持続する状態。

症状

・気分の高まり

・些細なことで怒る

・口数が増える

・行動せずにいられない

・話さずにいられない

・注意が簡単にそれる

・仕事などの社会的な活動の増加

・目的がない行動の増加

 

 

双極性障害の種類

 

双極Ⅱ型障害

うつ状態」は通常に現れるが「躁状態」は軽い課状態として現れる操うつ病。一見するとうつ病と見誤ることがある。

 

・双極Ⅰ型障害

高揚した状態である「顕状態」と落ち込んだ状態である「うつ状態」の2つの気分の状態が繰り返し現れる通常の繰うつ病

 

・気分循環性障害

軽度の双極性型障害のこと。正常な気分の波ではないが双極Ⅱ型ほどの波ではない

 

 

cf.

DSM-5以前では双極性障害うつ病ともに、気分障害(mood disorder)と総称されていた。

 

 

 

 

 

 

 確認問題

 

 

[1]

下記の用語について簡潔に説明しなさい。

・mood stabilizer

静岡大学大学院 人文社会科学研究科 臨床人間科学専攻)

 

[2]

次のような精神症状や障害を何というか。

・生命エネルギーが失われ、悲観的にものごとを考え、罪責感や希死念慮をもつ。

京都学園大学大学院 人間文化研究科 人間文化専攻)

 

[3]

うつ病の自記式評価尺度としては(1)のうつ病自己評価がよく知られており、面接と観察によるうつ病の評価尺度としては(2)のそれが知られている。

(法政大学大学院 人間社会研究科 臨床心理学専攻)

 

[4]

括弧に入る最も適切な語句を答えなさい。

内因性うつ病では、朝に症状がひどく、タ方になると幾分軽快するという症状の(1)が観察されやすい。また、食欲不振、頭重、便秘などの自律神経症状を伴うのが内因性うつ病の特徴であり、中でも気分障害が目立たず、身体症状を主訴として内科を受診する例が多いのが(2)である。遷延化したうつ病の治療においては、ベックの(3)が効果を上げている。

(法政大学大学院 人間社会研究科 臨床心理学専攻)

 

[5]

操状態において認められることの多い症状は、次のうちどれか。最も適切なものを一つ選びなさい。

1.思考抑制 2.行動抑制 3.抑制欠如 4.不決断 5.過食

帝京平成大学院 臨床心理研究科 臨床心理学専攻)

 

[6]

メランコリー親和型うつ病と現代型うつ病について、二つの概念を比較検討しながら、それぞれの特徴を述べなさい。

大正大学大学院 人間学研究科 臨床心理学専攻)

 

[7]

気分障害は大きく単極型と(1)のふたつに分類され、単極型の感情障害であるうつ病病前性格としては下田光造の提唱した(2)性格やテレンバッハが提唱した(3)性格がよく知られている。

(法政大学大学院 人間社会研究科 臨床心理学専攻)

 

[8]

うつ病やその他の抑うつを主な症状とする疾患の診断基準について、アメリカ精神医学会が2013年に発表したDSM-5では、DSM-Ⅳにおける分類、診断基準と比べていくつかの変更点がみられる。変更点を順に挙げ、変更によりクライエントに生じるメリットand / orデメリットがあれば言及しなさい。産後に発症するうつ病/抑うつ状態に関しては必ず含めなさい。 

名古屋市立大学大学院 人間文化研究科 人間文化専攻)

 

[9]

次の神経伝達物質のうち、抑うつに関わるものはどれか、もっとも適切なものを一つ選びなさい。

1.アセチルコリン 2.アドレナリン 3.オキシトシン 4.セロトニン

静岡大学大学院 人文社会科学研究科 臨床人間科学専攻)

 

 

 

 

解答

 

 

[1]

気分安定剤。激しい持続的な気分の変化を特徴とする気分障害、典型的には双極性障害の治療に用いられる精神科の薬である。抗躁薬は、日本において抗精神病薬と抗躁薬にしか薬の分類が発達していなかった時代の名残で、一般に気分安定薬の語が用いられる。

 

[2]

うつ病

 

[3]

1、SDS

2、HAM-D

 

[4]

1、日内変動

2、仮面うつ病

3、認知療法

 

[5]

5

 

[6]

 メランコリー親和型うつ病とは、従来のうつ病であり、テレンバッハが提唱したうつ病病前性格を持つうつ病である。その特徴としては、凡帳面で何事においても完全主義であり、また責任感も強く、対人関係も細やかな配慮が行き届いている。罪悪感や抑うつ感が強く、また死にたいという希死念慮がある。

 一方、現代うつとはディスチミア親和型うつ病とも言われる20代〜30代の比較的若い世代に近年多くみられるうつ病である。メランコリ一親和型うつ病で特徴的な抑うつ気分や死にたいという気持ちは目立たず、不全感と倦怠が前面に出やすい。また、自分に対する罪責感があまりなく、どちらかというと「自分がこの状態になったのは、今の社会が悪い、会社が悪い」といった世間や他人を責める傾向がある。

 

 

[7]

1、双極型

2、執着

3、メランコリー親和型

 

[8]

Major Depressive Disorder(大うつ病性障害)の随伴症状である「産後うつ病」が「出産前後のうつ病」に拡大されたことが変更点としてあげられる。DSM-IVでは「産後うつ病」が扱われていたが、出産後だけではなく妊娠中からでも気分変動は生じることから、DSM-5では期間を拡大し、妊娠中・出産後4週を含む「出産前後のうつ病」と改められた。「産後うつ病」が扱われてる期間が長くなったことがクライエントのメリットである。

 

[9]

4