ジョゾログ

世界一わかりやすい心理学

ー未来の心理職の為の知識・情報室ー

2019-05-27から1日間の記事一覧

発達 point

◻︎ピアジェは、 認知の発達段階を、 感覚運動期、 前操作期、 具体的的操作期、 形式的操作期に区分した。 ◻︎ボルトマンによると、 人間の乳児は生理的早産であり、生後1年間は子宮外胎児期にあるとされる。 ◻︎生後4か月以前の乳児は、目の前のおもちゃが布…

パーソナリティ point

◻︎自分が持っている特徴を、 同じように相手も持っていると認知してしまう、 という性格の認知における誤りを投射効果と呼ぶ。 ◻︎ユングの外向型·内向型分類によれば、「ものごとに対して批判的である」という特徴は、思想的側面において内向型ということに…

感情・動機づけ point

◻︎「人は悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しい」という言葉のように、内蔵や骨格筋といった末梢器官の変化を知覚することに よって感情体験がもたらされると考えるのは、ジェームス=ランゲ説である。 ◻︎基本的情動の混合に基づけば、 怒りと嫌悪の混合…

社会的認知 point

◻︎他者や自分の行動の原因や理由を解釈し、推測する過程は「原因帰属」と呼ばれる。 ◻︎他者を認知する枠組みとして、「個人的親しみやすさ」「社会的望宗しさ」 「活動性」の3つの次元があることが見出されている。 ◻︎順に入手する情報から他者に関する認知…

思考 point

◻︎事前に抱いた考えを支持する例に注意を向け、支持しない例は無視する、という人間の基本傾向を示唆する特性を確証バイアスという。 ◻︎飛行機事故などの大きな事故は記憶に鮮明に残るものであり、そのため実際以上にその可能性が高く見積もられ、飛行機での…

記憶(memory)

ポイント 確認問題 解答 ポイント ◇記憶 ◻︎記憶は、 記銘、保持、想起の3つの操作から成り立つ過程である。 心理学的な用語では、符号化、貯蔵、検索という言葉が用いられる。 ◻︎関連のある情報をまとめて、整理した形で覚えると、記憶成績がよくなる。この…

心理学者5選

◇心理学者5選 ◻︎科学的な方法として実験を取り入れ、実証科学としての心理学を創設したとされるのはヴント(Wundt.W)である。 ヴント(Wundt.W)の要素的な立場の限界を実験で明らかにしたのはウェルトハイマー(Wertheimer.M)である。彼は、ケーラー(Khl…

知覚における10のpoint

◇知覚における10のpoint ◻︎主観的輪郭は、欠損している情報を補って完結化させようとする視覚系の働きによるものなので、それぞれが完結した図形のときには生じない。 ◻︎人はさまざまな奥行きの手がかりを利用して、2次元の情報を3次元の広がりとして知覚…

心理学史 5つのpoint

◇心理学史における5つのpoint ◻︎心についての学問の始まりは、古くギリシャ哲学にまで遡り、多くの哲学者がさまざまな論を展開してきたが、実証科学として心理学が独立した年は1879年とされる。 ◻︎ヴント(Wundt. w.)の心理学は人の意識を一つひとつの感覚や…