ジョゾログ

世界一わかりやすい心理学

ー未来の心理職の為の知識・情報室ー

局所論(topography theory)

f:id:a-m-zyozo:20201031154919p:plain

 

 

ポイント

 

フロイトは人の精神が意識・前意識・無意識の3つの領域から構成されていると述べた。これを局所論(topography theory)という。

 

①意識

 記憶や感情、思考や認知など、心の現象として経験できる領域。自身でコントロールすることが可能である。

 

②前意識

 普段は意識されていないが、思い出そうと注意を向ければ思い出せる領域。たとえば前日の食事の内容は、普段意識になくても、思い出そうとすれば思い出せるだろうから、前意識にあることがわかる。

 

③無意識

 心の現象として経験できず、自身でコントロールすることのできない領域。前意識のように思い出そうとしても思い出せない。

 

 

確認問題

[1]

フロイトFreud、S.)は、現時点で意識の領域にはないが、意識しようとすれば意識化が可能な心の内容を(1)と呼んだ。

目白大学大学院 心理学研究科 臨床心理学専攻)

 

解答

[1]

1、前意識