ジョゾログ

世界一わかりやすい心理学

ー未来の心理職の為の知識・情報室ー

モーズレイ性格検査(MPI:Maudsley Personality Inventory)

f:id:a-m-zyozo:20201031154919p:plain

 

 

ポイント

 

1959にH.J.アインゼクが特性論的立場から開発したパーソナリティ測定の質問紙検査です。
 神経症的傾向と外向―内向性の2因子を軸とした質問紙法によるパーソナリティ検査を開発したものです。大元はアインゼク自身が作成したモーズレイ医療用質問紙とギルフォードの性格尺度を合わせた261項目です。

 


 外向性-内向性と、神経症的傾向という2つの因子があります。アイゼンクは特性論的な立場と類型論的な立場とを繋ぐものとして見出したものです。MPIはこの因子を測定する目的で構成されています。「外向性-内向性」はE尺度、「神経症的傾向」はN尺度と命名されています。
 日本版は1964年に出版され、E尺度、N尺度は、各々24項目の質問で構成されています。さらに虚偽発見尺度(L尺度)20項目と緩衝項目12項目を加えた80項目で構成されています。
 臨床的には精神科領域および内科領域で利用されています。目的の一例としては、分裂病をはじめうつ病神経症心身症の症状経過や疾患の病態像の変化の臨床的診断があります。

 

 

 

確認問題

[1]

次の中で、パーソナリティテストでないものを選びなさい。

1、MPI

2、Big Five

3、YG

4、IAT

名古屋市立大学大学院 人間文化研究科 人間文化専攻)

 

解答

[1]

 

cf.

潜在的連想テスト (IAT:Implicit Association Test)